絶対合格したいなら…


一次審査を通過して無事オーディションを受けるまでにたどり着けたとしても、ここからさらに審査は厳しくなります。芸能界で活躍したいという方は、自分をよく見せる努力をしている方も多いもの。そうした方たちに迫力負けてしてしまうようでは、自信を持ってオーディションに挑むことはできません。周りの人と比較して臆病にならず、「自分には自分の優れた点があるんだ」とポジティブに考え、自信を持ってオーディションに臨みましょう。

オーディションでは、実技審査と特技披露があります。ここでは、演技力はもちろんのこと、人柄やキャラクター、意気込みなども同時に見られています。思い切り演技ができるように、普段の練習を思い出しながらリラックスして臨みましょう。エントリーシートに自分の趣味を書いた方は、オーディション会場で披露できる内容だったら披露してみましょう。たとえば、楽器演奏やモノマネなどを披露することで、印象に残りやすくなります。

質疑応答では、エントリーシートに書いた内容をもとに深く聞かれることもあります。もし書類に嘘を書いていると、オーディション時に答えられなくなってしまい、一気に評価を下げる要因になりかねません。応募書類は噓なく記入しておきましょう。また、あらかじめどういった質問が来るかを想定しておき、答えを考えておくのも有効です。